薄毛の状態によってさまざまな自毛植毛の施術方法があります

植毛

抜けにくい自毛植毛

下を向く男性

薄毛の悩みを抱ていらっしゃる方は世界中に多くおられます。薄毛となってしまった方の中には手軽に改善出来るカツラを被ったり、育毛や増毛効果に優れているアイテムを駆使されている方も多いハズです。薄毛改善の方法は数多くありますが、中でもトップクラスの改善方法と言えるのが「植毛」となっています。カツラのようにズレる心配もなく、育毛や増毛のような長い期間を必要としない事が大きな魅力となっています。
そんな植毛の中でも「自毛植毛」が施術後も毛髪が抜け難い事で、高い人気となっています。植毛の施術を受けた方の多くが人口毛が使用されています。しかし体質等によっては折角植毛した毛髪が抜けてしまう事もあるのです。これは人口毛が頭皮に馴染まなかった事で起こってしまいます。
しかし自毛植毛では毛髪が抜け難いという利点があるのです。それは自身の毛髪を使用しているからなのです。自毛植毛はボリュームがある箇所から毛髪を採取し、植毛する施術となっています。自身の毛髪を植毛する事で頭皮に馴染み易く、しっかりと根付く事で施術後も抜け難くなっているのです。自毛植毛は施術後の毛髪が抜ける可能性があるという不安感を感じさせない改善策となっています。

年齢と共に変化する自毛植毛

薄毛は性別や年齢に関係なく起こってしまう事で、多くの方の悩みとなっております。男性にとっては薄毛である事で女性から懸念されてしまったり、女性においては美容面を重視している事で大きなショックとなってしまいます。そんな薄毛の悩みを感じている方はあらゆる策を講じていらっしゃると思われますが、多くの方に受け入れられている施術があります。
それが「自毛植毛」です。植毛というと毛髪を植え込み、薄毛をカバー出来る最良の策となっていますが、それよりもランクが高い施術とも言えるのが自毛植毛です。そんな自毛植毛は年齢を重ねても、他の毛髪同様変化出来るというメリットがあるのです。一般的な植毛の多くは人口毛をしようしての施術となります。しかし人口毛は自毛ではなく、模造となっている為年齢を重ねて他の毛髪が白髪になっても植毛した状態の色を維持する事となってしまい不自然となってしまいます。
でも自毛植毛は自信から採取した毛髪となっており、植毛すると他の髪同様にしっかりと成長を行えるのです。その為、年齢を重ね他の髪が白髪になると植毛した毛髪も白髪となり、不自然な色合いにならないのです。自毛植毛は生きた毛髪を使用する事で、年齢の変化にも対応する事が出来るのです。

自毛植毛の施術法であるダイレクト法とは

薄毛は男性だけではなく、女性においても大きな悩みの種となってしまいます。そんな薄毛の改善策にはあらゆる方法が存在しており、自身のニーズにピッタリな改善策を取り入れていると思われます。薄毛改善として高い効果が発揮される自毛植毛もその一つとなっています。自毛植毛にはさまざまな施術方法がありますが、ダイレクト法という施術についてご紹介します。
ダイレクト法は数ある植毛法とは事なり、毛穴を形成する事が可能となっています。本来植毛は、毛穴に毛髪を植え込むという方法なのですが、ダイレクト法は毛穴が失われた箇所に再度毛穴を復活させて植毛出来るという優れた施術となっているのです。さらに頭皮のカットが不必要となっている事で、痛みも少なく済みさらに施術の際に出来てしまう傷跡が目立たないというメリットがあります。
しかしダイレクト法にはデメリットもあります。それは一度に大量の植毛が行えない事です。毛穴を形成しながら、丁寧に植えていく施術となっている事で頭皮をカットするストリップ法等と比較すると施術時間が掛かってしまいます。ダイレクト法は傷跡を残したく無かったり、術後の痛みをあまり感じたくない方にお勧めな自毛植毛となっているのです。

PICK UP

NEWS

2017年06月19日
自毛植毛ではFUT法かFUE法かを更新しました。
2017年06月19日
自毛植毛のショックロスは一時的な症状を更新しました。
2017年06月19日
カツラよりも良い理由と髪の毛の定着を更新しました。
2017年06月19日
自毛植毛の種類であるニードル法とはを更新しました。
TOP