薄毛の状態によってさまざまな自毛植毛の施術方法があります

植毛

自毛植毛ではFUT法かFUE法か

自毛植毛は薄毛治療法でも効果が高いと認められている方法です。日本皮膚科学会の公表している男性型脱毛症治療についてのガイドラインでも5段階評価の2番めに評価されていますから、科学的なエビデンスはあると言っていいでしょう。しかし、自毛植毛は大きく分けてFUE法とFUT法があり、自分にとってどちらの方法を選択すればいいのかをしることは薄毛治療クリニックの選択にも影響する大きな決断となります。
それぞれの薄毛の進行度合いなどによって一概には言えませんが、まだ大きく薄毛が進行していないと考えられる人にはどちらかと言うとFUE法が第一の選択になるでしょうし、かなり薄毛が進行しているという人はFUT法が適していると言っていいでしょう。逆な言い方をすれば、薄毛があまり進行していない人以外はFUT法のメリットが大きいのです。
それはFUT法はFUE法と比べると、一回の自毛植毛手術で植毛できる範囲が広いこと、コストが低いこと、植毛した毛髪の定着率が高いことがあげられるからです。自毛植毛をしたいと考えている人はどちらかと言うと薄毛がそれなりに進行してしまっている人が多いと思われますから、FUT法が適していることが多いのです。

PICK UP

NEWS

2017年06月19日
自毛植毛ではFUT法かFUE法かを更新しました。
2017年06月19日
自毛植毛のショックロスは一時的な症状を更新しました。
2017年06月19日
カツラよりも良い理由と髪の毛の定着を更新しました。
2017年06月19日
自毛植毛の種類であるニードル法とはを更新しました。
TOP