薄毛の状態によってさまざまな自毛植毛の施術方法があります

植毛

自毛植毛のショックロスは一時的な症状

髪の毛には、様々な専門用語があります。ショックロスという専門用語もあるのですが、男性によってはそれで驚いている事もあるのです。ちなみにショックロスは、自毛植毛に関する用語の1つです。そもそも移植された髪の毛は、直ちに定着する訳でもありません。手術を受けてから、しばらくは定着を待つ事になるのです。ところで頭皮に定着していない段階で、たまに髪の毛が抜け落ちてしまう事があります。
初めて自毛植毛を経験する方々などは、それで驚いている事もあるのです。それがショックロスです。確かに髪の毛が落ちてしまえば、不安は高まってしまうでしょう。しかしショックロスは、実は問題ないパターンの方が多いです。というのも、それはあくまでも一時的な症状だからです。たまに炎症や髪の毛のサイクルなどの都合で、そういった症状が生じる事もありますが、期間が経過すれば好転するケースがほとんどです。
基本的には心配は無用ですが、それでも不安になってしまう事はあるでしょう。そういう時は、自毛植毛の手術の後に育毛剤を使ってみるのも一法です。一部の育毛剤は頭皮にポジティブな効果を発揮して、ショックロスを予防してくれる事もあるからです。ただし使用する育毛剤は、やはり医師に相談しておく方が無難です。

PICK UP

NEWS

2017年06月19日
自毛植毛ではFUT法かFUE法かを更新しました。
2017年06月19日
自毛植毛のショックロスは一時的な症状を更新しました。
2017年06月19日
カツラよりも良い理由と髪の毛の定着を更新しました。
2017年06月19日
自毛植毛の種類であるニードル法とはを更新しました。
TOP